勤怠管理が重要な理由とシステム化について

社員の長時間労働が社会問題となり、いよいよ企業は社員一人ひとりの労働時間を適正に把握することに力を入れざるを得ない状況になってきました。



これまでも、勤務時間管理については、取り組まれてきましたが、さらに強化が求められており、いわゆる勤怠管理が最重要課題となっているのです。

さて、勤怠管理とは、社員の労働時間はもちろん、仕事ぶりまで管理することを意味します。

すなわち、労働時間は1日8時間を厳守するとともに、その勤務期間内でしっかりと業績を上げさせることが企業にとって必要不可欠なことなのです。

OKWaveに関する詳細はこちらです。

しかしながら、職場の管理者が社員一人ひとりの仕事ぶりを全て見て回ることは不可能ですから、システムに任せることになります。勤怠管理システムは、こういった企業のニーズに応えるべく開発されたシステムです。



インターネットを介してデータを収集するクラウド型と、システムを買い取る非クラウド型があり、どちらも社員の勤務時間を入力することで、時間外労働に費やした時間やそれに伴う割増賃金を算出してくれますから、事務担当者の負担軽減につながっています。今後は、そこに業績を反映させることで、社員の勤務時間内の働き振りを図ることができるようになりますから、怠業などが減少することにもつながります。
何れにしても、企業は社員の長時間管理を抑制することで、社員の健康を守り、業績を向上させることが目的ですから、今後、勤怠管理の重要度はますます上がっていくことが想定されているのです。