勤怠管理の重要性とシステム化の現状

会社を経営していく上で、人材を大切にすることは、とても大切なことです。

しかしながら、実態は長時間労働が横行しており、社会的にも大きな問題となっています。

厚生労働省は、会社が実施すべきガイドラインを示し、勤務時間管理の徹底を促しているところです。



その一方で、社員の勤務時間を正確に管理するには大きな労力を要することも、会社にとっては頭の痛い問題です。かつて、会社は社員の勤務時間を管理するために、タイムカードを積極的に導入してきました。
このことにより、社員の出退勤時刻を把握することはできましたが、その集計作業は手作業であることに変わりなく、また、代理打刻などの不正も生じるなど、会社の狙いとは別の結果が出てきたのも事実です。

そこで、開発されたのが勤怠管理システムです。

このシステムも基本的にはタイムカードと同じものですが、紙のカードを使用するのではなく、スマートフォンなど個人が特定できる端末を使用することにより、代理打刻などの問題を解消しています。

また、入力された出退勤時刻は自動的に集計されますので、事務軽減も図ることができます。

goo ニュースとの上手な付き合い方をお知らせします。

会社にとって、勤怠管理は、社員の勤務時間を管理し、業績を向上させるために、非常に大きな課題です。勤怠管理システムを導入して、正確に対処することは当然ですが、それだけでは十分ではありません。


社員に勤務時間を守らせるための企業風土改革を併せて進めていくことが、極めて重要なのです。